容器を美しく加飾!プラシーズの取り組み ~印刷編~

容器を美しく加飾!プラシーズの取り組み ~印刷編~

プラスチック容器には様々な加飾方法があります。本記事では、その中でも印刷による加飾方法について、プラシーズの取り組みをご紹介したいと思います。

プラスチック容器の加飾印刷の種類

プラスチック容器の加飾印刷というと、どのような方法を思い浮かべますか?まずは、一般的な印刷方法をご紹介したいと思います。

シルク印刷

プラスチック容器への加飾印刷方法で最もポピュラーなのが、シルク印刷と呼ばれる方法です。これは、メッシュ状の版を作成し、その版にインクを乗せ、ゴムベラで版の反対側にインクを押し出すようにして製品へ印刷する方法です。メッシュ状の版はスクリーン版、ゴムベラはスキージと呼ばれています。

現在ではスクリーン版の素材としてポリエステルやナイロンといった繊維樹脂やステンレスを使用するのが一般的ですが、この印刷方法が誕生した当初はスクリーンにシルクを使用していました。これが、「シルク印刷」の語源といわれています。

この印刷方法ではUVライトを照射することで硬化するタイプや、熱を加えることで硬化するタイプなど多種多様なインクを使用し、マット・ラメ・蓄光など豊かな色彩表現を実現できます。印刷の際にインクを上から重ねても下の色の影響を受けることがない上、インクを厚く盛ることで立体感を演出することも可能です。

また、シルク印刷は、製品の印刷面がフラットである限り平面、曲面、製品の厚みに関わらず印刷することが出来ます。

例えば、ボトルなどの筒状の製品への印刷も可能で、その際は製品を回転させながらタイミング良く版を移動して印刷する、転がし印刷という手法がとられます。

パッド印刷

パッド印刷とは、まず版上のインクを弾力のあるシリコン製のパッドに転写し、それを製品に押しつけることで二次転写を行う、オフセット印刷の一種です。印鑑をイメージしていただくと分かり易いかもしれません。

この印刷方法の最大の特徴としては、シルク印刷では不可能な三次曲面や凹凸面に対しても印刷が出来る、という点が挙げられます。

インクが乾燥するスピードも速いため、ウェット・オン・ウェットでの多色刷りや重ね印刷も可能です。ただし、シルク印刷と比べると隠蔽性が低いため、下地の色味によっては印刷色が影響を受けやすくなることに留意する必要があります。

容器への加飾印刷の難しさとプラシーズの取り組み

加飾印刷は仕上がりの美しさや、複雑な形状の容器への対応が課題となってきます。お客様のニーズに合わせた美しい加飾印刷を行うために、プラシーズはどのような取り組みを行っているでしょうか。

容器への加飾印刷を美しい仕上がりにする方法

プラシーズでは、豊富な実績の過去データを生かし、お客様の要望する印刷仕様に対する最適なスクリーン版やインク粘度をご提案しています。

スクリーン版の調整

当社では、スクリーン版を作成する際に、インクが通り抜けるメッシュ部分の網目を細かくしております。網目が細かければ細かいほど、インクをのせる位置をより詳細に調整することができるのです。さらにこの過程では、インクを通さない穴を乳剤で塞ぐ、マスクとよばれる加工を丁寧に行っています。これらの取り組みにより、よりお客様のイメージに近い加飾印刷が可能となっております。

スクリーン版の張り具合の調整も、印刷の品質に関わる重要な行程です。プラシーズではスクリーン版の張り具合が最適になるように、製品ごとに調整を加えています。

インク粘度の調整

高品質な加飾印刷を行うためには、インク粘度の調整も欠かせません。例えば、粘度が低いインクを使用した場合、サラサラと水っぽいためインクが広がりやすく、にじみやインクの裏回りの要因となってしまいます。

反対にインクの粘度が高いと、スクリーン版の網目に通りづらく、上手く印刷することができません。デザインを忠実に再現するためには、インクを正確に調合することが不可欠なのです。

容器の全周への加飾印刷方法

容器の全周に加飾印刷を行う場合、特にベタ印刷を行う場合は、印刷が一周するまでにインクが乾燥しきらず、印刷の合わせ目がにじんで目立ってしまうケースがあります。

そこでプラシーズでは、印刷終了時にスキージを上げるタイミングを正確に調整することで、にじみのない綺麗な合わせ目に仕上る工夫をしています。精密な機械制御によって、仕上がりの細部にまでこだわった、美しい加飾印刷が可能です。

形状が左右非対称な容器への加飾印刷方法

一般的に、曲面の箇所と平面の箇所がある製品への加飾印刷は難易度が高いと言われています。円筒状の部分と平面の部分とでは、スキージの当たり具合が変わるため、印刷が擦れてしまったり、最悪の場合は印刷版を傷つけてしまったりする可能性があります。

この難題を解決するため、当社は形状が左右非対称な容器への加飾印刷に対応した、独自の印刷技術を開発しました。

まず曲面部分に対しては、製品を回転させながらタイミング良く版を移動して印刷する、通常の転がし印刷を行います。次に製品が平面になる部分でこの回転をストップさせ、固定された製品の上でスキージが版の上を自動で移動して印刷を行います。

プラシーズ独自の印刷技術では、曲面への印刷方法から平面の印刷方法に自動で切り替わるため、形状が左右非対称な容器に対しても高品質な印刷を行うことが出来るようになりました。

円錐形(フラスコ形状)の容器への加飾印刷方法

当社が加飾印刷を行う容器の中には、円錐の形状をしたものも珍しくありません。通常このような容器にベタ印刷を行う場合は、容器の回転に合わせて斜め方向に印刷されてしまうため、印刷の合わせ目がずれてしまいます。傾斜がある形状に均一に印刷をするのがとても難しいのです。

プラシーズはそんな難題を解決するため、製品の回転に合わせ版を円弧上に動かし、印刷の合わせ目がずれないようにする技術を開発しました。これは開発当初、とても画期的な技術でした。

楕円形の容器への加飾印刷方法

当社の技術では、楕円形の容器へ加飾印刷を施すことも可能です。

まず、楕円形の製品を回転させるためには、その大きさに合わせてギアという部品を製品に取り付けます。ギアの大きさは、印刷する面の弧の中心点に合わせて決定されます。

例えば通常のボトルに印刷を行おうとした場合、ボトルは正円なので円の中心が中心点となります。しかし楕円の場合、この中心点が製品の外側になり、ギアのサイズが大きくなってしまい現実的ではありません。

そこで当社では、製品の回転に合わせて、中心点が微妙にずれていくように調整する特別なプログラムを組み、常にスキージが製品に垂直に当たるような工夫をしています。この技術により、楕円形の製品に対しても、端から端まで綺麗に印刷できるようになりました。

おわりに

容器を美しく加飾するためのプラシーズの取り組み、いかがでしたか?今回ご紹介した加飾印刷技術の数々は、今でこそ一般化している技術ではありますが、当社ではこれらが世の中に浸透する以前から自社開発を重ね、製品の形状に合わせたより美しい加飾印刷を行うべく問題解決に取り組んできました。

プラシーズでは印刷のみならず、転写、塗装、シュリンク、スタンプなど、様々な加飾を行うことが可能です。当社がこれまでに培った長年の経験やノウハウを生かし、お客様の細やかなご要望にお応えいたします。

容器の加飾に関する現状でお困りのことや、新型で起こしたい製品の加飾のご相談などございましたら、弊社お問い合わせフォームよりご気軽にお問い合わせください。