貼り箱で表現する世界観。材料から製造方法までメーカーが解説します!

貼り箱で表現する世界観。材料から製造方法までメーカーが解説します!

こんにちは。紙器・プラスチック容器製造メーカーのプラシーズです。
パッケージの生産において、製品の世界観を伝えるための表現力は重要な要素と言えるでしょう。

今回ご紹介する「貼り箱」は、柄やデザイン、設計の自由度が高く、表現の幅が広いことが特徴的です。
本記事では、貼り箱の役割、主な用途、材料、作り方、そして貼り箱を使うことによる環境への配慮について、貼り箱製造のプロが詳しく解説します。

オリジナル容器のリードタイム短縮

貼り箱とは

貼り箱

貼り箱は、チップボールと呼ばれる硬質の紙を芯材とし、その上に様々なデザインの紙を貼り合わせた箱のことです。その名の通り芯材と外側の紙を貼り合わせることで作られます。
貼り箱は美しく、丈夫で、さまざまなデザインが可能なため、製品のパッケージに広く利用されています。

貼り箱の役割

貼り箱の役割は二つあります。

一つは物を保護すること。例えば、化粧品やお菓子などの商品を運送中の衝撃から守ったり、保存中に品質が変わらないようにするためです。

もう一つは、商品の魅力を伝えること。貼り箱は商品の「顔」とも言えます。色彩豊かなデザインやメッセージは、購入者に商品のイメージを伝え、購買意欲を高めます。

貼り箱の主な用途

貼り箱の用途は多岐にわたります。化粧品、宝飾品、食品、文具、電子機器など、様々な製品のパッケージに利用されています。

また、ギフトボックスや贈答品の包装にも使用されます。特に、美しさと品質を重視する高級品のパッケージには欠かせない存在です。

貼り箱の材料

貼り箱をつくる際に必要な材料を紹介いたします。
基本的な貼り箱を作るためには、主に三つの材料が必要です。

表貼りの紙

パントーンカラー

表貼りの紙は、貼り箱の外観を決定する要素となります。

ここには美しいデザインや色、メッセージなどが印刷されます。材質は、商品やブランドのイメージに合わせて、艶やかなコート紙、自然な風合いのクラフト紙、高級感のある箔押し紙などが選ばれます。

また、プラシーズでは紙以外にも合皮、布、レザーペーパーなど多様な材料を表貼りにした貼り箱を製造することが可能です。

芯材となるチップボール

チップボール

チップボールは、貼り箱の形状と強度を確保します。

芯材には厚さや硬さが様々な板紙やチップボールが使われ、内容物の大きさや重さ、求められる強度により選択されます。

チップボールは再生紙から作られるものが多く、低コストで環境に配慮したパッケージとして製造できます。

接着をするための糊

最後に、これらの材料を貼り合わせるための糊が必要です。
貼り箱の製造には主に、にかわや合わせ糊が使用されます。

にかわ

にかわは、動物の皮膚や骨から作られる天然の接着剤で、特に日本伝統の工芸や美術に使われてきました。乾燥後も柔軟性を保ち、経年変化に強いことが特徴的です。また、透明度が高く、厚く塗っても黄変しないので、美術品の修復などにも使われます。

一方で、乾燥までの時間が短く、複雑な箱を接着する際には作業の途中でにかわが乾いてしまう場合があります。高温や水に弱く、パッケージとしての耐久性が低くなってしまう場合もあります。

合わせ糊

合わせ糊

合わせ糊は、酢酸ビニル系の接着剤(木工用ボンドなど)と、でんぷん糊を混ぜ合わせたものです。

強い接着力を持つ酢酸ビニル系の接着剤と、臭いが少なく乾燥の遅いでんぷん糊の長所を掛け合わせることで、作業途中で糊が乾きにくく、乾いた際には丈夫な貼り箱に仕上げられます。

貼り箱のつくりかた

ここからは簡単な形状の貼り箱を例に、製造の手順を解説いたします。
大まかに、材料の切り出し、糊引き、接着、組み立ての順で作業が行われます。

貼り箱の材料をカットする

サンプルカッター

芯材となるチップボールと表貼りの紙を、貼り箱の形状と大きさに合わせてカットします。

試作の段階では、設計図のデータをそのまま切り出せるサンプルカッターという機械を使用します。1枚単位で正確な寸法に切りだすことが可能なため、実際のサイズ感やイメージを確かめるために使われることが多いです。

量産の際には抜き型と呼ばれる型で、同じ形の貼り箱の材料を効率的に生産していきます。

表貼りに糊引きをする

糊引き

次に、糊引きという工程が行われます。表貼りに対して糊引き専用のハケを使い、手作業で糊を塗布していきます。

ここでは手早く均一に糊引きをすることが求められ、作業者の技術が最終的な貼り箱の仕上がりに大きく影響します。

プラシーズでは作業者ごとの品質のばらつきを解消するため、作業工程ごとの分業を厳格に管理しています。

芯材を貼りつける

芯材貼りつけ

糊引きをした表貼りに、カットした芯材を貼り合わせます。ここでは芯材が正確に位置合わせされることが求められます。

合わせ糊を使用している貼り箱では糊が乾きにくいため、芯材を貼り付けたときに位置がずれても微調整が可能です。このため作業性が高く、安定した品質の貼り箱を生産できます。

立体に組み立てる

組み立て

最後に、芯材が貼りつけられた表貼りの紙を折り曲げ、立体的な箱の形状に組み立てます。貼り箱の形状によって組み立て方が変わりますが、複雑になるほど高度な技術が要求されます。

この組み立て作業の経験や技術力でも、最終的な貼り箱の品質に大きな差が生まれてきます。

貼り箱生産技術の応用

貼り箱の技術は、単純な箱製作だけでなく、様々な形状や用途へと応用することができます。

紙製コンパクト/紙製コンパクトミラー

紙製コンパクト

プラシーズでは、貼り箱技術を応用した紙製コンパクトや、紙製コンパクトミラーをご提供しております。

プラスチック製のコンパクトでは金型の作成がネックになる場合もありますが、紙製コンパクトミラーは、手軽にオリジナルの設計を形にすることが可能です。

表張りにはお好みの素材を選んでいただくことが可能で、フィルム付きの紙を用いて水に強いコンパクトミラーを作成することも可能です。

革ポーチ風の貼り箱

革ポーチ風の貼り箱

こちらの写真は一見すると、革のポーチに見えます。
ですが、実は貼り箱のような製法を用いた製品で、芯材に対して革を貼り付けて作られています。

一般的な革製品では縫製のために糸縫いが施されますが、本製品でも、外貼りとなる革に対してミシン縫いの加飾を施しており、まるで本物の革製品のような雰囲気を再現しています。

外側に貼る材料や加飾の方法によって、表現の幅が無限大になることが貼り箱の特徴でもあります。

貼り箱は環境にも優しいパッケージです

貼り箱は素材の大部分が再生可能な紙であるため、環境にやさしいパッケージです。

芯材となるチップボールには再生紙が用いられる事が多く、美しい貼り箱はギフトボックスやインテリアとして再利用することも可能です。このため、サステイナビリティや環境保護に取り組む企業にとって、貼り箱は有効な選択肢の一つとなります。

以上、貼り箱とは何か、その役割と用途、作り方、そして貼り箱がもつ環境への配慮について解説しました。次にパッケージが貼り箱の製品を手に取った際には、その技術力と美しさを改めて感じてみてください。

ワークショップで紙器づくりを体験してみませんか?

ワークショップ案内

プラシーズではものづくりの裏側を知ることができるワークショップを弊社ショールームで開催しています。
プラシーズ本社でワークショップを開催しました!

今回ご紹介した「糊引き」をはじめとした紙器づくりの体験や、プラスチック容器の講習会など、実際の生産に基づいた体験を通して、ショールームの製品に触れながら学んでいただけます!

紙器やプラスチック容器について詳しく知り、パッケージのデザインや、商品企画のお役に立てる内容をご用意しております。

ご興味がある方は、お問い合わせフォームよりお気軽にお声がけください。

\ 定期的に記事を読みたい方へ /

メルマガ登録でいち早く記事の更新情報や製品情報をお知らせいたします

メールマガジンのご登録
はこちらから

その悩みプラシーズに相談してみませんか?

  • 自社一貫生産によりワンストップ・トータルパッケージでご対応
  • 理想の容器のための独創的な「企画・提案力」
  • 1932年創業だからこそできる技術力であらゆるニーズに対応可能

お電話でのお問い合わせ

03-6858-3561

受付時間:平日 10:00 ~ 17:00(土日・祝日除く)