超肉厚樹脂でつくる香水キャップ!高難度成形でガラスのような美しさを表現!

超肉厚樹脂でつくる香水キャップ!高難度成形でガラスのような美しさを表現!

香水の容器デザインはどれも個性豊かで、思わず目移りしてしまう魅力があります。
購入する際には、香水の中身だけでなく容器の見た目を重要視する方も多いのではないでしょうか。

そんな香水の容器といえばガラスで出来ているイメージが強いと思いますが、キャップなどの一部パーツにはプラスチックが用いられることもあります。

今回の記事ではプラスチック容器を製造するプラシーズが、プラスチックでつくる香水キャップについてご紹介します。

オリジナル容器のリードタイム短縮

プラスチックで香水用のボトルを作るのは難しい?

香水の容器=ガラスビンのイメージをお持ちの方は「香水のキャップだけでなく、ボトルもプラスチックでつくれないの?」と疑問に思うかもしれません。

この香水用ボトルの多くがガラスで出来ていることには、大きく2つの理由があります。

香水の成分にアルコール(エタノール)が含まれている

香水

香水には、複雑で長時間持続する香りをつくるために様々な香料が使用されています。この香料をアルコールと精製水でできた溶液に溶かして混ぜ合わせることで、香水が出来ています。

アルコールは有機溶剤の一種のため、他の物質(溶質)を溶かす性質を持っています。この溶剤を入れる容器としてプラスチック製のボトルを使用すると、香水だけでなくプラスチックの成分も香水にしみだすことに繋がってしまうのです。

成分がしみだすことでプラスチックが柔らかくなって破損してしまったり、香水の中身の劣化に繋がってしまう恐れがあるため、香水の容器には有機溶剤で溶ける心配のないガラスが使用されます。

香水は成分が変質しやすくデリケート

空

香水の中身をはじめとした、物質が変質してしまう要因には「熱」「光(紫外線」「温度変化」「酸素」といったものがあります。

プラスチックの中には、これらの外的要因に対して高い耐性をもつものもあるため、一般的な化粧品にはプラスチック製の容器が多く採用されています。

しかし、香水の中身は普通の化粧品以上にデリケートで、外部環境の影響を非常に受けやすい特性を持ちます。

香水の中身が変質してしまうと、香水本来の色や香りの変化が損なわれてしまいます。

ガラスビンはプラスチックよりも外部環境の影響を受けにくい材質のため、香水のような変質しやすい中身を入れるのに適しています。

香水のキャップはプラスチックでつくれます!

ここまで、香水のボトルにはガラスビンが使われる理由をお伝えしてきました。

「ではプラスチックは香水容器に関わることがないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

プラシーズでは香水のキャップやボトルの加飾パーツなどの「嵌合物(かんごうぶつ)」をプラスチックでつくることで、より美しく、より使いやすい香水の容器をつくることができます。

香水のキャップをつくる際の懸念点

図面

ボトルとキャップを別々の容器メーカーに依頼する場合、一番の懸念点となるのは「ボトルとキャップがぴったりと嵌合できるか」です。嵌合部の設計に少しでもずれが生じてしまうと、様々な品質トラブルの元になってしまいます。

嵌合のずれによる品質トラブル

  • キャップがすぐ外れてしまう、または取ることが出来ない
  • 中身が漏れてしまう
  • 中身が変質してしまう

特にプラスチック製の香水のキャップはガラス製のボトルとの組み合わせになるため、嵌合部の設計の正確性はより重要になります。

また、香水の容器には見た目の美しさも強く求められます。
見た目を美しくすることで、香水の香りやブランドのイメージが消費者に正しく伝わり、購買意欲にも繋がるためです。

このように、香水の容器は「見た目の美しさ」と「機能性」の両方をみたす事がとても重要になります。

容器に必要な機能については、以下の記事でも詳しくご紹介していますのであわせてご覧下さい!

化粧品容器に備わる4つの機能〜美しさに隠された機能性~ – 株式会社プラシーズ (pluseeds.co.jp)

プラスチックでも、ガラスそっくりの香水用のキャップをつくるには?

実績品

プラシーズがハイミランを使用して製造したキャップの一例

「香水のキャップにはプラスチックのように便利な材料を使いたいけど、できるだけガラスの見た目に近づけたい!」というご要望もあると思います。

実は、プラスチックを使用したキャップでも、まるでガラスビンのように透明度が高く肉厚な形状を表現することは出来ます。

ガラスのように透明で、衝撃に強い樹脂「ハイミラン」

プラシーズでは一般的なプラスチック樹脂の他に、「ハイミラン」という樹脂を香水のキャップに採用した実績がございます。

ハイミランとは、エチレン系アイオノマーと呼ばれる合成樹脂で、一般的な樹脂とは異なる分子構造を持っていることが特徴です。
例えば、熱によって分子の結合力が変わるという性質を持っており、加熱すると分子同士の結合力が弱くなって、冷却すると強くなります。
この性質により、一般的なプラスチック樹脂と同様に成形することが可能で、冷却するとイオン結合が強まるため強い強靭性を持ちます。

このハイミランの特殊な分子構造は、耐摩耗性や適度な弾力性・柔軟性などの性能をもっています。その衝撃の強さは、ゴルフボールの材料に採用されるほどでありながら、ガラスのように透明性が高いという特徴も持っています。
このような優れた性質から、プラシーズでは香水用のキャップの他に肉厚な高級クリーム容器にもハイミランを採用した例があります。

ハイミランでキャップを成形するメリット

香水用のキャップをハイミランで成形するメリットは以下の通りです。

・ひけが出にくい
低い温度(180℃~200℃)で成形が可能なため、ガラスビンに合わせて肉厚な形状のキャップを成形した際に収縮が起きにくいです。
そのため、ひけのない綺麗な形状のキャップに仕上げることが出来ます。

・耐薬品性が高い
ハイミランは、ポリエチレンの中でも特に耐薬品性に優れた樹脂です。
そのため、香水の中身に含まれている有機溶剤にもある程度耐えることが出来ます。

ハイミラン樹脂でキャップを成形するデメリット

 一方で、香水用のキャップをハイミラン樹脂で成形する際のデメリットもあります。

・成形難易度が高い
 先述した通り、ハイミラン樹脂は低い温度で成形をおこないます。
ですが、温度が低い状態だと樹脂の流動性が無くなるため、金型に樹脂が流れにくくなります。このことから、ハイミランでキャップを成形する難易度は非常に高いです。

・二次加工の接着が難しい
プラスチックを溶かす有機溶剤は、その特性を活かして印刷用のインクやホットスタンプ用の箔の接着材にも含まれています。
ハイミランは有機溶剤に強い耐性がありますが、その分印刷やホットスタンプの接着にも耐性がついてしまい、加飾が難しくなってしまうのです。

香水のキャップづくりをご検討の際はプラシーズにご相談ください!

ハイミランを使用した容器の成形は非常に難易度が高いため、香水キャップのような製品に採用した実績を持つ企業はそう多くありません。

製品の形状に合わせて、成形・加工条件を細かく調整する必要があるため、成形時の圧力やスピード、金型の温度など、パラメーターの組み合わせは何千、何万通りにも及びます。

プラシーズでは、長年化粧品容器づくりに携わってきた経験とノウハウを活かして、このような難しい成形条件をクリアした成形が可能です。このようなハイミランを使用した香水キャップの製造技術は、他の容器メーカー様からも注目を頂いており、プラシーズの高い品質が評価されています。

香水の容器に関する更に詳しい情報や、容器についてのご相談をご希望の方はお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください!

\ 定期的に記事を読みたい方へ /

メルマガ登録でいち早く記事の更新情報や製品情報をお知らせいたします

メールマガジンのご登録
はこちらから

その悩みプラシーズに相談してみませんか?

  • 自社一貫生産によりワンストップ・トータルパッケージでご対応
  • 理想の容器のための独創的な「企画・提案力」
  • 1932年創業だからこそできる技術力であらゆるニーズに対応可能

お電話でのお問い合わせ

03-6858-3561

受付時間:平日 10:00 ~ 17:00(土日・祝日除く)