プラシーズの紙製コンパクト紹介 〜プラスチックコンパクトとの違いは?~

プラシーズの紙製コンパクト紹介〜プラスチックコンパクトとの違いは?~

こんにちは、プラシーズです。
みなさまは紙製コンパクトを使ったことがありますでしょうか。
紙製コンパクトには、様々な種類の形やデザインがあります。環境にやさしいといわれる紙を使った製品であるため、注目を集めています。
今回の記事では、プラシーズでつくっている「紙製コンパクト」について、型の作り方や外観デザインの種類、中身の仕組みについて簡単に紹介します。また、紙とは素材の異なるプラスチックを使った「プラスチックコンパクト」との違いについてもふれながら、紙製コンパクトについて理解を深めていきましょう。

オリジナル容器のリードタイム短縮

紙製コンパクトとは?

紙製コンパクトは、芯となる部分は紙で出来ており、持ち運びの出来る化粧品の道具の一つとなっています。
内側は、鏡が付いているものや付いていないものがあり、おしろい、アイシャドウ、チーク、パフ、ブラシが入るように作ってあります。

紙製コンパクト

紙製コンパクトの作り方と中身の仕組み

ここでは、紙製コンパクトの型つくりから、外観デザインの種類、中身の仕組みについて紹介します。

紙製コンパクトをつくる型

紙製コンパクトの中身に配置するブラシやアイシャドウ、チークなどの配置が決まったらサンプルカッターにて切り出して、無地サンプルを作っていきます。その後、コンパクトの本生産にあたって、型の存在は欠かせません。この型を抜き型と言います。
抜き型とはベニヤ板などに、切り抜きたい形状に曲げられた刃が埋め込まれているものです。
この刃を芯材となる紙にあてることで、紙を切り抜き、組み立てることができます。
抜き型という手法にすることで、型が出来るまでの時間が数日間と短くなっています。

紙製コンパクトの外観デザイン

表貼りとなる物を外側に貼り込み、様々な種類のデザインを施すことが可能です。プラシーズでデザイン可能なものをいくつか紹介します。

合成皮革

合成皮革は基本となる生地が布になっており、表面が合成樹脂(ポリウレタン)で塗工されています。ポリウレタンの表面には、ボコボコとした形状であるシボをつけることが可能です。
合成皮革は手ざわりが良く、やわらかいので、バックやポーチにも使われています。
ポーチのように使いたいという場合は合成皮革がおすすめです。

合成皮革製コンパクト

レザーペーパー

レザーペーパーは基本となる生地が紙になっており、表面は合成樹脂(ポリウレタン)が塗布された状態になっています。そのため、見た目は合成皮革と似ています。厚みは合成皮革よりも薄く、シャープな形になっています。

レザーペーパー製コンパクト

布は、縦糸と横糸を交差させて織られた織物のことです。絹や麻、木綿などの植物繊維を用いて織られた物や化繊の物もあります。

布製コンパクト

既存紙

多くの風合いのある特殊紙の中から選択することが出来ます。

既存氏の紙製コンパクト

印刷紙

既存紙には無い色やデザイン、メッセージを印刷することが出来ます。コンパクトを開いたときの内側の面も印刷可能です。

紙製コンパクトの内側の仕組み

紙製コンパクトの内側

紙製コンパクトの中皿を入れる部分には、古紙やバージンパルプを使っており、環境にやさしい素材になっています。

古紙

古紙は一度使われた紙で、再生できる紙のことをいいます。新聞や雑誌、お菓子などの紙パッケージ、段ボールなど様々な種類があります。

古紙

バージンパルプ

古紙などを再生したものではなく、はじめから木材を材料にしてつくられたパルプのことです。
パルプは、原料(木材など)から紙にするために原料から繊維を取り出します。この取り出したものをパルプといいます。

パルプの原料

紙製コンパクトとプラスチックコンパクトの違い

紙製コンパクトは、芯となる部分に紙を使っていますが、プラスチックコンパクトは、材料として、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタラート(PET)、ポリエチレン(PE)などのプラスチック樹脂をつかった製品になります。

プラスチックコンパクト

プラスチックコンパクトの外形をつくる金型

プラスチックコンパクトの場合、外形をつくるためには金型をつくらなければなりません。新しく金型を作るとなると、約3か月と長い時間がかかってしまいます。
金型が出来上がったら、金型にプラスチック樹脂を流し込み、成形、加飾、組み立てをして製品が完成していきます。

紙製コンパクトのメリットとデメリットについて

紙製コンパクトには、メリットとデメリットがあります。

メリット

紙製コンパクトの外観デザインで、印刷したい箇所が、コンパクトの天面、側面、内側の3か所である場合、紙を分けることなく1枚の紙で印刷を終わらせることが出来る。
古紙やFSC認証紙を使い環境にやさしいことをアピールできる。

デメリット

身と蓋を開けたり閉めたりするときに固定できないことや、紙なので水にぬれると破けてしまうなど耐久性、耐水性がない。

プラスチックタイプのコンパクトのメリットとデメリット

紙製コンパクトとは異なる、プラスチックコンパクトのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

耐久性と耐水性があるため使いやすい。
外観のデザインに、マット感やツヤ感を出すことができ加飾、印刷の範囲が広い。

デメリット

新しく金型をつくるとなると、金型の値段が高くなってしまう。
加飾、印刷の際、身と蓋が分かれるため、工程が多くなり時間もかかる。

おわりに

プラシーズでは紙製コンパクトについて、多くの取り組みをしております。「こんな特徴の容器がつくりたい!」などのご要望がありましたら、ぜひ「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりご連絡ください。お客様の製品の特長に合わせた容器をご提案させていただきます。プラシーズのホームページでは、今回紹介した紙製コンパクト以外にも多くの製品について紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

\ 定期的に記事を読みたい方へ /

メルマガ登録でいち早く記事の更新情報や製品情報をお知らせいたします

メールマガジンのご登録
はこちらから

その悩みプラシーズに相談してみませんか?

  • 自社一貫生産によりワンストップ・トータルパッケージでご対応
  • 理想の容器のための独創的な「企画・提案力」
  • 1932年創業だからこそできる技術力であらゆるニーズに対応可能

お電話でのお問い合わせ

03-6858-3561

受付時間:平日 10:00 ~ 17:00(土日・祝日除く)