化粧品業界国内最大級の展示会!化粧品開発展に出展して

化粧品業界国内最大級の展示会!化粧品開発展に出展して

皆さんこんにちは、プラシーズです。日に日にあたたかくなり、過ごしやすい陽気になってきましたね。

少し前の話になってしまいますが、私たちプラシーズは、2022年1月12日(水)~1月14日(金)に開催されました、第12回 化粧品開発展 [東京] -COSME Tech 2022 TOKYO-にブースを出展いたしました。化粧品開発展は、化粧品の研究・企画開発に必要な製品・サービスが一堂に出展する専門展です。

今回の全体の来場者数は3日間合わせておよそ23,000人(主催したRX Japanの発表した来場者数速報による)でした。緊急事態宣言下であった前回に比べて、コロナ禍前の活気が少しずつ戻ってきているように感じました。弊社ブースにも、化粧品メーカーをはじめとした、様々な業種のお客様に多数ご来場いただきました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

さて、プラシーズの化粧品開発展へのブース出展は、今回で3回目となりました。

今回の展示のテーマは「This is pluseeds」。プラシーズの魅力とは何か、展示会担当のメンバーそれぞれが話し合い、展示内容に落とし込んでいます。

ブースデザインは、2021年12月にリニューアルした弊社の新ロゴマークや新HPのレイアウトに合わせて、ダークグリーンを基調としたシンプルで落ち着いたデザインを採用しました。展示台は紙製の物を使用したことで、ブースに暖かく親しみやすい雰囲気を加えています。また、展示物のほかには、プラスチック容器の製造工程を写真パネルで展示しています。自社内でワンストップでの対応が可能なことを、目で見て実感して頂けるように工夫しました。

目で見て楽しむ化粧品容器

プラスチック、紙のどちらも扱うことのできる、とてもプラシーズらしい展示ブースになったのではないでしょうか。次からは、今回展示させて頂いた弊社製品について、簡単にご紹介していきます。

マプカリップ

マプカリップ

今回の展示、目玉となった製品はやはりマプカリップでしょう。マプカリップとは、繰り出し部分に紙パウダーを主原料としたマプカを使用し、その他のパーツは紙で仕上げた紙製の口紅容器です。繰り出し部分にマプカを使用することで、製品の「紙」製表記が可能となり、可燃ごみとしての廃棄ができるようになりました。プラスチック成形品と比較して、プラスチック使用量を大幅に削減しており、バイオマスマークの付与も可能な環境にやさしい製品です。既存のプラスチック技術を活用したことで、成形の難易度の高さを乗り越え、製品化を実現することができました。今回が初のお披露目となりましたが、実に多くのお客様にご好評頂きました。

尚、今回の展示を通して、メディア各社様にマプカリップのプレスリリース記事をご紹介頂きました。下記のリンクより是非ご覧ください。
https://www.value-press.com/pressrelease/287853

移行材(中間品)使用  インブロー・インジェクション用PET

移行材(中間品)使用  インブロー・インジェクション用PET

環境配慮型材料のご提案として、プラシーズと材料メーカー様で共同発案した、移行材(中間品)のインブロー・インジェクション用PETを使用したボトルを展示いたしました。

移行材とは、樹脂メーカーでのレジン製造(連続重合)の際に、グレード変更の段取りで発生する中間物性のバージンペレットを指します。この移行材は年間で約100トン発生していますが、そのほとんどが廃棄されているのが現状です。ですが、移行材は従来のPETと比較して物性や外観等に遜色なく、着色も可能です。バイオマス原料は、通常の材料よりもコストが高くなってしまうことが多いですが、移行材は廃棄予定の材料を再利用するため、コストを抑えつつ、環境により優しい容器づくりを目指すことが可能です。

NeCycle®使用 ワンタッチ式リップ

NeCycle®使用 ワンタッチ式リップ

片手で開閉可能な口紅容器に、バイオマス材料を使用することで、環境配慮と機能性の両方をかなえた口紅容器を実現しました。リップの外装部分には、高機能バイオマス材料のNeCycle®を使用しています。

NeCycle®*とは、木材や稲わらといった非可食用の植物由来のセルロースより作られたプラスチックです。約50%のバイオマス率と高い配合率であり、自然環境中(海洋中及び土壌中)で長期的に分解します。希望の色に調色でき、伝統工芸品のような美観や装飾性も具現可能です。Co2を通常プラスチックと比べても、約40%削減できます。

※Ne Cycle®︎の製造元は、日本電気株式会社・NECプラットフォームズ株式会社です。販売元は、三共化成株式会社です。

紙器

紙器

プラシーズでは、近年紙製容器や貼函のご提案もはじめました。昨今の環境対策への関心の高まりを受け、弊社展示ブースでも、紙器コーナーは連日かなりの盛況となりました。下記で主な展示製品をご紹介いたします。

紙製コンパクト・貼函

紙製コンパクト・貼函

プラシーズで製造する紙器は、芯材に古紙を使用しています。また、金型の製作が不要かつ自由な形状で作成することが可能です。作成リードタイムも短いため、短期間でお客様の要望に沿った紙器をお作りすることができます。表貼りの部分には紙・合皮・布・レザー調紙等の様々な材料を使用できるため、よりオリジナリティーのある容器づくりを実現することができます。さらに、プラスチックの容器と一個函を組み合わせたトータルパッケージのご提案も可能です。

パルプモールド

パルプモールド

プラシーズが製造するパルプモールドは、サトウキビの残滓からできたバガスや、古紙を原料に使用しています。また、成形の後にプレス加工を追加することで、滑らかな表面と浮き彫りの表現が可能となり、美粧性にも優れています。プラスチックの真空成形と同等のコストで金型が作成可能なことも魅力の一つです。

弊社実績品

プラシーズでこれまでに実現してきた多種多様な加飾技術のご紹介として、取引先各社様のご協力のもと、今回も多数の実績品を展示させて頂きました。ご協力いただきました皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

いかがでしたでしょうか。今回展示した製品以外にも、プラシーズは素材や技術を組み合わせた多彩な容器を取り扱っております。弊社HPでは、当社の規格型や製品事例について詳しくご紹介しています。是非ご覧ください。また、ご不明点や資料のご請求等のご要望がございましたら、HPのお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせくださいませ。

プラシーズは、来年度の化粧品開発展(2023年1月11~13日、東京ビックサイトにて開催予定)にもブースを出展予定です。今回ご来場いただいた方も、ご来場できなかった方も、是非足を運んでみてくださいね。