CASE STUDY29

複数色を混ぜ合わせて唯一無二の模様を生み出す!マーブルや大理石調を射出成形で実現

複数色を混ぜ合わせて唯一無二の模様を生み出す!マーブルや大理石調を射出成形で実現

色や種類によって溶融温度が異なる樹脂。本来は、いかにムラなくキレイに混ぜ合わせるかが腕の見せどころですが、マーブル模様の射出成形は、逆転の発想が求められます。

専用機を使わずに、どのようにして美しいマーブル模様を生み出すか…。成形条件幅の極めて狭い超難関プロジェクト。当時の技術担当者に、苦労や工夫した点、マーブル模様成形技術を生かした新たな構想についてインタビューしました。

フタの天板を大理石調にして高級感を出したい

—-お客さまからどのような依頼がありましたか?

プレステージのクリーム容器の製造依頼で、「フタの天板をアイボリー×ホワイトの大理石調にしたい」といったご要望でした。

成形品にフィルム転写や塗装して加飾する加工方法もありますが、正直、チープな印象は否めません。プレステージに相応しい高級感を醸し出すためにも、複数色の樹脂を混ぜ合わせてマーブル模様を表現する、高度な射出成形技術が求められました。

既存成形機では混ざりすぎて単色に…

—-どのような課題がありましたか?

ペレット

マーブル状に成形する場合、通常は複数の加熱筒を搭載した専用機を使うのですが、当社にそのような成形機はありませんでした。かなり特殊な機械のため、20年前の当時も今も、専用機を所有しているモルダーはそう多くはないと思います。

既存の成形機を使ってトライはしてみましたが、何度やっても色が混ざりすぎて単色になってしまう…。デザイナーが求めるマーブル模様とは程遠い仕上がりでした。

成形条件を最適化するために試行錯誤

—-どのように課題を克服しましたか?

最適な成形条件をはじき出すために、加熱筒の温度やスクリューの回転速度、排圧などの成形条件を見直すことにしました。

デザイナーが求めるマーブル模様が出るように、加熱筒の温度やスクリューの回転速度、排圧などをコントロールしながら、最適な成形条件を模索。ブレーカープレートはマーブル状を確認しながら、穴の形状や厚みを調整しました。

成形条件幅が極めて狭いなか、最適化するために試行錯誤を重ねました。

品質や強度を担保しつつ、美しいマーブル模様を描き出す

—-もっとも苦労したのはどんなところでしょうか?

マーブル成形したコンパクト

マーブル模様を生み出すために、溶融温度の低いほうに加熱筒の温度を合わせるのですが、あまり低くても成形が難しくなり、強度が弱くなって割れやすくなってしまいます。

また、ひと口に樹脂といっても、色や種類によって含有成分が異なります。例えば、黒い樹脂にはカーボンが含まれていたり、グレードも数種類あるので、その都度、設定条件を変える必要があるのです。

さらに、同じマーブルでも、今回のアイボリー×ホワイトは色調が似ているので、マーブル感を出すのが非常に難しかった…。

お客さまは、光の反射によってほんのり浮かび上がる、上品な仕上がりを求めていました。試行錯誤を重ねた努力の甲斐あって、狙い通りのマーブル感を描き出すことに成功し、お客さまにも満足していただくことができました。

オンリーワンの特別感と深みのある風合い

—-マーブル射出成形のメリットは何ですか?

マーブル射出成形のメリット

一番の魅力は、同じ柄が存在しない唯一無二、オンリーワンであること。1点ものならではの特別感から、愛着も湧いてきますよね。

また、フィルム転写や塗装に比べて、深みのある風合いと重厚感、品を演出できるのも魅力です。

偶然生まれる色合いと模様を生かしたものづくり

—-今後の課題や展開についてお聞かせください。

2色に留まらず、複数の色や種類の異なる樹脂を混ぜ合わせ、偶然生まれる色合いと模様を生かした、プラシーズオリジナルのものづくりにもチャレンジしてみたいですね。

例えば、木片やコーヒーカス、サトウキビなど、自然界にあるエコ素材と樹脂をミックスしてみる。一つ一つの模様や風合いがより個性的な表情をつくり、面白いプロダクトができると思います。

無料サンプル請求

その悩みプラシーズに相談してみませんか?

  • 自社一貫生産によりワンストップ・トータルパッケージでご対応
  • 理想の容器のための独創的な「企画・提案力」
  • 1932年創業だからこそできる技術力であらゆるニーズに対応可能

お電話でのお問い合わせ

03-6858-3561

受付時間:平日 10:00 ~ 17:00(土日・祝日除く)

\ 定期的に記事を読みたい方へ /

メルマガ登録でいち早く記事の更新情報や製品情報をお知らせいたします

メールマガジンのご登録
はこちらから